志太榛原地域支部

令和2年 年頭所感

★ 年頭所感 令和2年     静岡県支部長 栁原 克彦                    

しめ飾り2-1

          新年あけましておめでとうございます。
yanagi-hara H17      志太榛原地域支部校友の皆様方も、令和最初の新春をつつがなくお迎えのこととお慶び申し上げます。昨年は、校友会本部も向殿政男会長が引退され、北野 大新会長が誕生いたしました。

 北野 大 新会長より向殿政男前会長の方針「明治はひとつ」を引き継ぎながら、改革する所があれば改革して行きたいとの力強い新方針が発表されました。

そして、また北野 大 新会長より校友会の目的は、校友会活動を通して母校を支援することでもあると再度認識を新たにするように発言がありました。

よって、本年度は、北野 大 新会長の方針に従って、来るべき創立140周年に向けて邁進して行く年度になろうかと存じますので校友の皆様方にはより一層の物心両面でのご支援とご協力をお願い申し上げます。

 さて、私も、平成29年第62回明治大学校友会静岡県支部総会沼津大会で片渕 守 校友会本部相談役様より静岡県支部長を指名され引き継ぎましたその後約2年半にわたり何も出来ませんでしたが、何とかここまで奮闘してまいりました。
これも偏に志太榛原地域支部校友の皆様方のご協力の賜物と厚くお礼申し上げます。

しかし、まだ令和3年第66回清水大会まで任期がありますのでそれまでは健康に留意して頑張るつもりでおりますので志太榛原地域支部校友の皆様方のこれまで以上のご協力の程何卒よろしくお願い申し上げます。

 最後に、新春に当たり校友の皆様方のますますのご活躍とご健勝をお祈り申し上げましてご挨拶といたします。  本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

                        令和2年 新春
                        明治大学校友会 静岡県支部
                        支部長 栁原 克彦(やなぎはら かづお)

 
コメント

(必須)