志太榛原地域支部

今年度(2021年年度)協賛金の中間報告

★ 今年度(2021年)協賛金の中間報告  志太榛原地域支部校友の皆様から協賛金の趣旨をご理解頂きお振込みいただきました。 地域支部長、副支部長、幹事長、他関係役員より感謝の意を込めて謹んで寄金者のお名前を敬称略で以下にご報告させていただきます。現在までお振込をいただいた校友のご芳名は以下のとおりです。(文責:吉田 徹 会計幹事) ・寄金口数10口:服部輝子(1名) ・寄付口数5口:今村光臣、山田壽久、栁原克彦  (3名) ・寄金口数3口:津島禎之、鈴木勝利、増田 博     (3名) ・寄金口数2.5口:加藤良玄、増田聖剛、山田英夫、増本 努、村田正春、平林廣志(6名) ・寄金口数2口:堀田公一郎、殿村元二郎、村本吉久、下村勝彦(4名) ・寄付口数1.5口:藤村弘明(1名) ・寄金口数1口:井上幸子、五十右和男、森一之、中村敬昭、石川正雄、 野田治男、井林與市、向井宮子、大石哲生、望月敏夫、宮崎 洋、 杉浦利治、横山和秀、落合奉子、羽根田泰一、川口和孝、永井 喬、 服部由美子、服部夏美、太田圭一郎、増田正蔵、櫻井知乃、近藤弘志、 池田義之、佐藤晃房、池谷昌明、吉田 徹、渡會 理(28名) 以上2021年8月24日現在まで、46名のOB、OG様から、累計¥173,000の協賛金をお振込みいただきました。心より感謝致します。 ★協賛金は、年度末まで引き続き受付中です。1口¥2,000です。 ご入金が確認され次第、寄付をいただいた校友のお名前を順次追加掲載致します。 なお、上記の記載事項に誤りがあることにお気づきの折はご面倒ですがご一報ください。早急に訂正致します。   

もっと読む

オリ・パラリンピック東京2020 大学出身・選手/関係者一覧

★ オリンピック/パラリンピクの大学出身選手と役員 東京オリンピック・パラリンンピック2020への明治大学出身選手は18名です。 大学出身のコーチ・スタッフ等関係者も計6名おります。 以下のサイトをご覧ください。 https://www.meiji.ac.jp/koho/tokyo2020/athlete.html

もっと読む

大学ラグビー静岡(袋井)大会 2021

DSC00324

★ 大学ラグビー静岡(袋井)大会 2021 ★ 明治大学と帝京大学のチームの招待ゲームが今月13日(日),静岡県ラグ ビーフェスティバルの一環として, 袋井市のエコパスタジアムで行われ た。 コロナ禍の最中、観客人数制限と直前になってからの前売券販売開始。 その割には2000人近い観客が集まった。 キックオフ 14:00. 強豪同士の試合でほぼ互角にゲーム展開した。 前半45分は、帝京リード(18対14)で折り返し、後半一時的に明治が 逆転したが、結局後半も明大は28対32でノーサイド、4点差のまま惜敗。 因みに、今回と同じ両大学の対戦は6年前に静岡、草薙球技場大会でも 行われました。あの時は流石に大学日本一連覇の帝京大の強さの前に 明治は大差で惨敗でした。ここ数年は明治も大学チャンピオンになって いるし帝京にも勝っているので勝算あり。大いに期待していた。 今回の明大チームには1年生が多かったので秋季には雪辱できるとの噂 もあった。                    (文責:渡會 理)    工事中 * 画面をクリックすると拡大します。                                

もっと読む

明治大学柳谷理事長、北野校友会会長より動画でご挨拶

★  明治大学柳谷 孝 理事長、並びに北野 大 校友会会長より動画でご挨拶 大学校友会本部 校友連携事務室の鍵山義尚 氏から、静岡県支部長幹事長 大畑一松氏に宛てて 柳谷理事長と北野校友会長の動画メッセージが届きました。 内容は、コロナウイルス禍の中、県支部・地域支部校友の皆様へのご挨拶です。 この場をお借りして配信いたします。 (文責:大畑/渡會)  以下のURLをクリックして下さい。   ★ 柳谷理事長の挨拶 https://commonsi.muc.meiji.jp/em/60af03525763 ★ 北野校友会会長の挨拶 https://commonsi.muc.meiji.jp/em/60a5ac072f55

もっと読む

祝 旭日小綬章 (山田寿久様) 

山田勲章

          ★  祝 祝 旭日小綬章  ★   山田寿久 様 旭日小綬章 (産業振興功労)の綬章おめでとうございます。 明大校友会地域支部校友一同より心からお慶び申し上げます。 明治大学校友会志太榛原地域支部校友の山田寿久様(昭47.工卒) が今年度(2021年度)春の叙勲で「旭日小綬章」を受章しました。 主な受章理由は藤枝商工会議所会頭として地域産業振興に貢献された ことです。 このような受章は吾が明治大学地域支部校友の誇りです。 ( 下は静岡新聞 令和3年4月29日 朝刊記事 )   (文責;大畑一松)  

もっと読む

再度ご報告およびコロナ対策

佐藤政美

再度ご報告およびコロナ対策私見 校友の皆様、コロナ禍ではありますが、お元気ですか。 昨年、HP運営委員会が発足し、第1回HP委員会研修会 が12月19日に藤枝市民センターにて開催されました。 各地区の副支部長4名と顧問の渡会先生、大畑一松氏、井上幸子氏 の7名での発足となりました。コロナ禍で非接触が言われておりますが 対策を万全にして実行しました。第2回の研修会を3月には 開催したいと思います。   コロナ対策 マスコミでは手洗いマスク着用を大々的に報道してる割りにうがいを奨励して いないのが不思議です。牧之原市では子供たちは水筒にお茶をつめて登校します。 飲んで良しうがいに良しです。口中を清潔に保つことが大切だと考えます。 ある薬剤師さんが、うがいがコロナに有効かどうか、エビデンスがないとの 発言でしたが笑止千万。お茶うがいの有効性は確立しています。皆さんの ご意見を聞かせてください。HP運営委員会世話人  佐藤政美

もっと読む

訃報(水野雅敏様)

水野雅敏

* 明治大学校友会 ……志太榛原地域支部校友 各位    謹告   校友会幹事 水野雅敏 様(S.41 文卒)がご逝去されました 享年79歳 ….ここに謹んでお知らせいたします       ご冥福を心からお祈り申し上げます (合掌)  *  神戸一朗前幹事長からの第1報; 「大石先輩、川西先輩、江﨑名誉支部長に続き、一月八日に永年幹事を努められた慶全寺の水野雅敏さんが亡くなりました  葬儀の予定明日以降の新聞の訃報公告にてお知らせ予定です 通夜葬儀は親族寺院のみで行う  また, 13-14日の午後弔問を受け付けるとのことです    ご冥福をお祈りします」                                                       前幹事長 神戸一朗  ………………. …….       静岡新聞 令和3年(2021年)1月12日 朝刊 […]

もっと読む

駅伝もラグビーも残念…(寄稿:柳原克彦様より)

柳原k

★  駅伝もラグビーも残念 ★ (柳原克彦 氏より寄稿) 校友同志 各位    今年の箱根駅伝は、11位、残念でした。2日晩、西 弘美スーパーバイザー(前監督)宛10位シード権は獲得するようにメールして置きましたが、残念である。 西さんからの年賀状に3位までには入る予定であると書いてあったが、本音は優勝と言うような様子であったが、どう言うわけでしょうか?  山本監督の選手起用が間違えたのか? 特に1区の選手起用である。 1年生の児玉真輝君には荷が重すぎたのかもしれない。16位ではどうしようもない。 しかし、2区4年生小袖英人君がもう少し順位を上げるべきであった。駒沢大学は、1区15位から優勝しているのだから。その後も、5区山登りで、エース3年生鈴木聖人君が2~3人は抜くかと期待したが全くダメであった。後は押して知るべしであった。 前評判が良かったので期待し過ぎて落胆が大きい。ただ、救いは、3日8区4年生大保海士の区間賞と復路で7位となったことである。来年に向けて少しは明るいか? 期待したい。 しかしこれで、駅伝は10月の厳しい予選会を戦わなければならない。何としても1位で予選会を通過しなければならない。 昨年シード権内の10校の内今年シード権獲得したのは、9校で、明治のみが脱落して、明治の代わりに順天堂大が入った。話にならない。  それに、ラクビーも天理大に負けてしまい踏んだり蹴ったりである。 これでは、今年はろくな年にはなりそうにない。愚痴を言って申し訳ない。 以上、感想まで、乱筆で申し訳ありません。                   栁原 克彦                            –  以上 原文のまま –  * 管理人追記: 柳原克彦 静岡県支部長より、昨日早朝、上記のメールを戴きました 記者(管理人)は時々受け取る普通のBCCメールか(?)と”勘違いしたため”本ページへの投稿が遅くなりました ご容赦ください  取り急ぎ投稿いたします (記者も柳原さんとほぼ同感、 ラグビーファンのはしくれです  駅伝も大いなる期待を以てTV観戦をしていました 天理大の動きは素晴らしかった 総合優勝を狙った割に1区の16位とは?、作戦負けか? ゲームを観戦するだけで身体がいつもより疲れました)

もっと読む

年頭所感

池田義之2

あけましておめでとうございます。               昨年の総会において館正義さまから志太榛原地域支部長を引き継ぎましたが、実際のところ何も活動することができない状況にあり、心苦しく思っております。 令和2年は世界中の国々にとって「我慢」の一年でした。私たちが経験したことのない新しいウィルスによって日常生活が制限され、それに伴いオリンピックをはじめ、多くの催事が中止や延期を余儀なくされました。 それでも夏ごろから厳しい制限の中、徐々にではありますが、日常が動き始めました。スポーツの世界も、「無観客」から少しずつ本来の姿を取り戻しつつあります。中でも母校のサッカー、駅伝、ラグビーは、私たち校友だけでなく、多くの明治ファンを奮い立たせてくれました。 本年は、新しい生活様式に基づき、校友会志太榛原地域支部の活動を再開したいと思います。そのために各地区の副支部長さんたちと協力して、再開に向けた協議を進めてまいりますので、昨年以上のご支援ご協力をお願い申し上げます。 新春にあたり、当支部の皆様の益々のご健勝をお祈り申し上げ、ご挨拶といたします。本年も何卒よろしくお願い申し上げます。     令和3年 新春 明治大学校友会志太榛原地域支部                          支部長   池田 義之    

もっと読む

年頭所感

柳原克彦氏

志太榛原地域支部校友の皆様方、新年あけましておめでとうございます。 令和3年の新春をつつがなくお迎えのこととお慶び申し上げます。 昨年は、新型コロナウイルスの感染拡大のため全世界の人々がその渦中に入ってしまい大混乱になってしまいました。 明治大学校友会本部は勿論のこと、静岡県支部の事業も全く実施することが出来ませんでした。そのため6月予定の第65回静岡県支部総会静岡大会も、早々と中止せざるを得ませんでした。また役員会等は、全部書面決議(ハガキ等による)になってしまいました。また、各地域支部からの近況報告でも同じように昨年は全く校友会活動が出来ななかったとのことであります。このような状態がいつまで続くのか困ってしまいます。 校友会本部も北野 大新会長が誕生してから、支部長会を2回程しか開催出来ずにコロナ禍になってしまい校友会本部の方針も明確に出来ないところかと思います。我われ静岡県支部も同じような状態です。 このような中、今年は母校明治大学が創立140周年を迎えます。静岡県支部からは、この度の役員会書面決議(ハガキ)で議案が承認されましたので些少ですが寄付を計画しております。校友の皆様方にも出来る限りで結構ですので、母校へのご支援、ご協力をお願い申し上げます。 さて、私も当初の予定では、今年の静岡県支部総会で任期満了になり退任するつもりでおりました。しかし、今回のコロナ禍で昨年全く活動できませんでしたので、片渕 守校友会本部相談役様から1年留任するように頼まれてしまいました。そしてこの件も議案として書面決議され、承認されてしまいました。 後1年健康に留意して頑張るつもりでおりますので志太榛原地域支部校友の皆様方のこれまで以上のご協力の程何卒よろしくお願い申し上げます。  最後に、今年は何と言っても安全、安心なワクチンが一日も早く出来上がり、 社会活動並びに日常生活が普通にできるようになるのを祈るばかりです。 新春に当たり校友の皆様方のますますのご活躍とご健勝をお祈り申し上げましてご挨拶といたします。 本年も何卒よろしくお願い申し上げます。   令和3年 新春   明治大学校友会静岡県支部 支部長 栁原 克彦

もっと読む

1 2 3 19