志太榛原地域支部

訃報(江﨑友次郎様)

esaki--933x1024

明治大学校友会 志太榛原地域支部校友 各位 謹告   当支部名誉支部長 江﨑友次郎 氏  がご逝去されました 享年91歳  ここに謹んでお知らせいたします 江﨑友次郎様のご冥福を心からお祈り申し上げます ( 合掌 )   * 以下は、神戸一朗幹事長からのメール第1報です *「今朝の新聞でご存知と思いますが、当支部名誉支部長      江﨑友次郎氏がご逝去されました  ご家族よりこんな状況なので、お別れの会は6月以降に 開きたいとのお話があり、私達も江﨑さんを偲んで明大 校歌を捧げたいと思います このメールをコピーして校友の皆さんにご通知下さい。 宜敷くお願いします              幹事長 神戸一朗 」  

もっと読む

野球部春の合宿激励会(愛鷹球場)

IMG_20200212_100105

★ 野球部春の合宿激励会(愛鷹球場)   2020年2月12日(水)、恒例の明治大学野球部の春の合宿が行なわれる 愛鷹球場において午前10時から激励会が開催されました。 校友会沼津地域支部が主催で栁原県支部長より挨拶と激励金、鈴木地域 支部長より「キャンプ補助」と「西浦みかん」の贈呈、沼津市長よりの 歓迎のメッセージと「力水」の贈呈、13回目となる本年は父母会も参加 して福田会長より挨拶と記念品が贈呈されました。 田中新監督より4月に始まる六大学リーグ戦の初戦は対早稲田大学です のでまずは一勝していいスタートを切りたいと力強い言葉とお礼が ありました。 校友会沼津地域支部の役員、県支部長、幹事長、父母会長が参加した 激励会は無事終了しました。 キャンプは11日~21日まで開催しておりますので校友の皆さんは激励に 行って下さい。 (文責;大畑一松)工事中      

もっと読む

明治大学創立記念式典について 柳原克彦(寄稿)

柳はら

 ★  明治大学創立記念式典について 令和2年1月25日(土)於小杉苑    標記の件に就いては、一昨日小杉苑で行なわれた新年賀詞交歓会の席で、柳原克彦 静岡県支部長のご挨拶の中で簡単な紹介がありました。 主に時間的な都合もあったけど、もう少し詳しくお話すべきだったとの同氏の思いから、当ホームページ管理者に宛てて以下のような長文のメールが届きました。当日欠席された校友や他の多くのHP閲覧者の為にも、表題の内容を記事としてここに掲載させて戴きます。ご一読下さい。                          ……… メール本文 …….  昨年「明治大学の名前の由来は、「明治時代」ではなかった!?」ということを話ましたが、本年も実業之日本社より出版されている「OB・現役学生なら知っておきたい大学の真実  明治大学の「今」を読む」の中で、P.191 に「時代を色濃く反映した創立記念式典。関東大震災の復興、昭和天皇の臨席も」という項目があります。 よって来年「創立140年」を迎えるに当たり概略を紹介いたします。 (1)創立1881年(明治14年)1月17日 学生44名、先生3名  計47名にて東京・有楽町3丁目に あっ  た島原邸で開校する。 (2)創立20周年(1901年 明治34年)   3人の創立者のうち、存命であった岸本辰雄が祝辞を述べた。         さらに翌年1月17日授業をせずに祝う、創立記念日とする          ことに決めたという。 (3)創立30周年(1911年 明治44年)           新装の初代記念館で記念式典を挙行。 (4)創立50周年(1931年 昭和6年)           関東大震災で被害を受けた記念館の復活の祝賀会も兼ねて開催     […]

もっと読む

令和2年( 2020)新年 和やかに賀詞交歓会

表紙 143

★  2020年(令和2年)賀詞交歓会  ★   標記の賀詞交歓会が1月25日(土)、 藤枝市の「小杉苑」で開かれ、焼津・藤枝・島田・榛南の各地区から 校友32名が出席した。 恒例により開会に先立ち以下の次第で役員会が行われた。 ★  役員会議事; 1)役員改選他報告(館 地域支部長)。 2)支部会計の状況報告(小山会計幹事)。 3)明治大学Rugby部優勝報告・その他(多保幹事)。 4)その他:柳原県支部長より県支部の計画、箱根駅伝等スポーツ応援寄付事業等の報告が行なわれた。  また、館 地域支部長より新年の挨拶とともに、年末を境に繰り広げられた、明治大学サッカー部の大学日本一、箱根駅伝でのシード権獲得の快走、そして残念乍ら準優勝になったラグビーの決勝戦と校友の皆様には一喜一憂した「明治はひとつ」の思いが述べられた。 新年賀詞交歓会は、幹事長の司会で進めら れた。乾杯の音頭のご発声に先立ち、 柳原克彦静岡県支部長の挨拶をいただいた。その中で 大学の校友会の役割は何か考え、来年は明治大学140周年を迎えるにあたり、校友各位の物心ともどもの強い協力戴きたいとの要望がなされた。 乾杯の発声は、地域支部の発展と校友の健康を 願って杯を掲げた。 この後は美酒を酌み交わしながら懇親の輪が広がった。 佐藤政美 副支部長の閉会の言葉の後、 お決まりの“校歌斉唱”… 全員で輪になり山田英夫君の音頭で声高らかに歌い上げた。今年も例年と同じように清々しい雰囲気の中、宴は散会した。 (文責:渡會  理)                   工事中(未完) ↓写真をクリックすると拡大します   *お断り:以下の写真説明で人物のお名前等は編集者の判断で敬称略にしました。ご了承下さい。            

もっと読む

柳原県支部長から明大体育会競走部駅伝監督に激励と協賛金の寄贈

駅伝激励

★ 県支部から大学競走部 駅伝監督に激励と協賛金寄付 ★ 12月18日(水)グランドホテル浜松において、柳原克彦県支部長、大畑一松幹事長、浜松地域支部加藤地域支部長、及び有志の皆さん、また、片淵 守 大学校友会本部顧問も参加して明大競走部前監督西弘美スーパーバイザーをお招きして来年の箱根駅伝の激励会を開催しました。 駅伝の検討をお祈りしてそれぞれ激励金お渡ししました。西氏より来年は強い選手が多いので現在松本監督が各区間にどの選手を起用するか綿密な作戦を立てているとのことです。 「5年振りにシード権が期待される」と力強いお言葉をいただきましたので令和2年のお正月は楽しくなりそうです。  –本稿の文・写真は,県支部幹事長からメール寄稿です–  (文責:大畑一松) 工事中      

もっと読む

首都圏大学ブランドランキング

以前、ご紹介したことがありますが、横浜在住の椎名幸雄氏(S.29,工(電)卒, 投稿者と同ゼミ研究室の先輩)から標記の新聞記事(日経)が送られてきたきました。 勝手ながら、ご参考までに以下に転載させて戴きます。(文責:渡会) 大学ブランド力調査 1都3県  早大6年ぶり2位  東大5年連続首位  日経BPコンサルティング(東京・港)は「大学ブランド・イメージ調査2019-2020」をまとめた。 首都圏の総合力ランキングで、6年ぶりに早稲田大学が慶応義塾大学を抜き、2位となった。 首位は東京大学が5年連続で維持した。 前回からの上昇率で2位となった一橋大学がポイントを伸ばし、前回の総合7位から4位に上がった。 調査は8月~9月に首都圏に住むビジネスパーソンや中学生以上の子どもを持つ父母らを対象に実施した。 1都3県の120大学(医科大学や体育大学などを除く)について、49項目のブランド・イメージを調べた。 有効回答数は6149件。 総合ブランドカは偏差値形式でポイントを算出し、順位付けした。 首都圏大学ブランド力総合ランキング 1 (1) 東京大学 2 (3) 早稲田大学 3 (2) 慶応義塾大学 4 (7) 一橋大学 5 (4) 上智大学 6 (6) 青山学院大学 7 (9) 明治大学 8 (5) 東京工業大学 9 (8) お茶の水女子大学 10 (11) 東京外国語大学 19 (14) 横浜国立大学 23 (21) 千葉大学 57 (53) 埼玉大学 カッコ内は前年順位   (*お断り(渡会);テキストに変換したため間伸びした表ですがご判読ください。) ²  早大は2013-2014年調査で総合2位となって以降、5年連続で3位だった。 「自由闊達である」「知名度がある」「(学生が)個性的である」などの項白でトップとなった。 ²  首位の東大は「一流感がある」「ステータスが高い」。 3位の慶大は「成功している」「就職状況が良い」といった項目で高評価を得た。 ²  「いま注目されている」大学では青山学院大学が首位となった。 駅伝での活躍に加え、卒業生であるフリーアナウンサーの滝川クリステルさんの小泉進次郎環境相との結婚報道が調査時期と重なり、関心が高まったとみられる。 ²  東京都以外の3県の大学では、神奈川県の横浜国立大学が19位、カリス女学院大学が20位に入った。 フェリス女学院大は「上品・誠実」のイメトジが強い大学で初めて首位となった。 千葉大学は23位、埼玉大学は57位でそれぞれ県内トップだった。 Nov. 27 2019 MP […]

もっと読む

第55回 明治大学全国校友 千葉大会

表紙

        ★ 第55回明治大学全国校友千葉大会 ★    令和元年10月6日千葉県の幕張メッセで開催された第55回明治大学全国 校友千葉大会に静岡県支部長 栁原克彦の他、同幹事長大畑一松、同会計 監査 寺田克巳、当支部佐藤副支部長、IT担当幹事 渡會 理の4名が参加し てきました。 記念式典では北野大校友会会長の挨拶、明治大学理事長の柳谷孝氏と 学長土屋恵一郎氏、森田健作千葉県知事、熊谷千葉市長などの祝辞が 有りました。 その後の記念講演ではいすみ鉄道の廃線危機を救った鳥塚亮氏(昭和60 年商学部卒)のローカル線を上手に使って地域を活性化させたノウハウ を語っていただきました。 その後ホテルニューオータニ幕張で開催懇親会ではマグロ解体ショーや高校生によるダンスパフォーマンス、銚子のはね太鼓、甲斐先生指揮 によるマンドリン演奏会など楽しいパフォーマンスで大いに盛り上が りました。 特に今回の司会者は千葉県出身の明治大学OB 渡辺正行(昭和53年経営 学部卒)と同じく明大卒OG、TBSアナウンサー高畑百合子(平成15年 法学部卒)でユーモアたっぷりの司会進行により成功裡にお開きになり ました。 なお次年度は年は香川県、その次は福井県で開催ですので校友の 皆さん是非ご参加ください。(文責:大畑一松)工事中(未編集)  ↓写真をクリックすると拡大できます                                              

もっと読む

今年度(2019年)協賛金の中間報告

img133

★ 志太榛原地域支部校友の皆様から協賛金の趣旨をご理解頂き お振込み頂きました。 地域支部長、副支部長、幹事長、他関係役員より感謝の意を込めて謹んで寄金者のお名前を敬称略で以下にご報告させて頂きます。現在までお振込を頂いた校友のご芳名は以下の通りです。(文責:小山明一(会計幹事))   江﨑友次郎、栁原克彦、倉嶋伸康、神田敏明、八木昌江、山田壽久、今村光臣、杉本和博、増田博、池谷福雄、多保敏行、増田聖剛、飯塚栄一、増本努、舘正義、平林廣志、津島禎之、鈴木勝利、堀田公一郎、村本吉久、鈴木勝、殿村元二郎、五十右和男、藤村弘明、横山和秀、大石哲生、石川正雄、鈴木俊呉、川口和孝、渡會理、野田治男、宮崎洋、吉田秀雄、杉浦利治、濱村耿夫、羽根田泰一、永井喬、伊東義孝、井林與市、望月千昭、増田正藏、鍋岡俊之、佐藤晃房、服部由美子  以上2019月8月8日現在まで、44名のOB、OG様から、累計¥195,000の協賛金をお振込み頂きました。心より感謝致します。  ★協賛金は、年度末まで引き続き受付中です。1口¥2,000です。ご入金が確認され次第、寄付を戴いた校友のお名前を順次追加掲載致します。  なお、上記の記載事項に誤りがあることにお気づきの折はご面倒ですがご一報ください。早急に訂正致します。            

もっと読む

新校友会会長に北野 大 名誉教授が就任 

東遠地域支部フラッグ

★ 2019年度定時代議員総会報告 —————— 大畑一松 静岡県支部幹事長からの書簡より—   一昨日(7/28(日))大学の2019年度定時代議員総会が御茶ノ水のリバティタワーで開催されました。 その際新しく発足した「中東遠地域支部」の旗が向殿校友会長より手渡され植田地域支部長より挨拶等があり柳谷理事長、栁原県支部長と記念撮影を行いました。(写真)。 全国の校友会支部長、幹事長、地域支部長の前で盛大な祝福を浴び喝采を受けました。 今回の総会で10年間校友会長を務めた向殿政男会長から北野大氏にバトンがタッチされました。前年度の事業、会計報告、次年度の事業計画、予算等承認されました。最後に今年開催される全国千葉大会と来年の香川大会のPRが有り閉会しました。 静岡からは栁原支部長、齋藤安彦静岡地域支部長、御殿場萩原祐次地域支部長、富士後藤憲治地域支部長、清水風間昌美地域支部長、浜松加藤地域支部長、鈴木幹事長、志太榛原地域支部からは神戸幹事長、大畑が出席しました。 (文責:大畑一松)

もっと読む

第14回 明治大学・早稲田大学OB交流会が開催された

明早交流会表紙

第14回 明治大学・早稲田大学OB交流会が開催された  去る7月13日(土)午後6時〜、標記大学OB交流会が藤枝市の小杉苑で 開催された。 両大学OB交流会は恒例の行事になり 今年で第14回目を迎 えた。 この交流会は当時の小池吉久幹事長の提案により、2005年7月、 第1回目が開かれた。 以来、会の準備は両大学OB会が隔年毎に交代で 受け持つ約束となって おり、今年度(2018年度)は明治大学が当番役。 交流会の内容は「第1部」として希望者参加によるマージャン大会、 「第2部」は以前はビアパーティー と呼んでいたものである。今年度は、 明治の幹事長 神戸一朗 の司会 で進められた。 はじめに,明治大学の地域支部長 館 正義から開会の挨拶、続いて 早稲田大学稲門会 小林正敏氏からも開会の挨拶が述べられた。 乾杯音頭の発声は、明治大学 静岡県支部長 柳原 克彦氏により宴会が 始まった。 会の途中、早稲田稲門会副会長 齋藤 幸男氏から同会の高塚敏明氏が、 今年度春の叙勲で永年の国会議会運営で果たした功績により「瑞宝小 受章」を受章されたとの報告があり満場の拍手喝采をうけた。 年に一度の明早二大学の交流会だが、多くの参加者は顔なじみになった 仲間との再会を喜び、互いに美酒を酌み交わしながら一段と相互親睦の 輪が広がった。 閉会に近着き、早大側は齋藤副会長、明治側は神戸一朗 幹事長、 がそれぞれ音頭をとって、両校の校歌斉唱、エールを交換して全員が若 き学生気分に戻り酔い痴れた。 閉会の挨拶は、明大の舘 正義 支部長が 立ち、この交流会がこれま で13年に渉る実績を重ねてきたことの意義深 とお礼の言葉が述べられた。  今回の参加者は、明大校友会志太榛原 地域支部から21名、早大OB志太榛原稲門会から18名、総勢39名が参加 した。 一方、ビアパーティーに先立って行なわれた交流会第1部は13時より 恒例の麻雀大会が築地「アスカ」で行なわれた。 (麻雀大会の状況•結果は以下の写真を参照)。 (文責:渡會 理)                      工事中 *お願い:以下の写真のキャプションに就いて、誠に勝手ながら被写体人物の敬称を省略して、お名前の姓のみで説明に代えさせて戴きますことをご容赦ください。(HP管理者)。                         ◎(写真をクリックすると拡大します)       […]

もっと読む

1 2 3 16