header

ご挨拶 年頭所感 他 

※ お願い;

このページはメニュー蘭のご挨拶 年頭所感を選択してから閲覧下さい。

★     年頭所感 令和6年 (2024)– 前静岡県支部長•顧問 柳原克彦

謹賀新年20242  

 

柳00

★     年頭所感 令和6年 (2024)– 前静岡県支部長•顧問 柳原克彦

  志太榛原地域支部校友の皆様方、
新年 あけましておめでとうございます。

令和6年の新春をつつがなくお迎えのこととお慶び申し上げます。
昨年は、新型コロナウイルス感染症が5月から5類感染症に移行され、コロナ対策も緩和され少しずつではありますが、安心できる日常生活が戻って来ました。しかしながら、年末にはまた新型ウイルスも発見されたとのニュースもあり、本年もウイルスとの戦いがいつまで続くのか心配です。

国産のワクチンもようやく出来上がり、今年から接種できるとのことですので、本当に一日も早く感染終了の宣言が出ることを期待しています。

また、いつ停戦になるか分からないロシアによるウクライナ侵攻の継続、混乱が続くイスラエルとパレスチナの紛争、アメリカの金融政策に伴い円安からの物価上昇等非常に厳しい一年でありました。

今年こそ良い年を迎えたいと祈願したばかりの正月元旦早々に能登半島地震が発生してしまいました。それに続いて羽田空港での日本航空機と海上保安庁の航空機との衝突事故も発生した波乱の令和6年の幕開けとなりました。

被災された皆様方の一日も早い復興をお祈り申し上げます。

さて、昨年志太榛原地域支部では、二大事業が行われました。

1)5月20日(土), 第67回静岡県支部総会志太榛原大会を焼津文化会館にて開催いたしました。
志太榛原地域支部の主管で県支部総会を開催するのは
8年ぶりのことでした。今回の開催では、コロナ禍のため懇親会が開催出来なかったことが残念でした。

そして、校友の下村勝彦氏による講演会が開催されました。演題は、「相撲あれこれ」で、下村氏ならではの相撲の裏話が聞けて、大変楽しく、これから相撲のテレビを見るのに参考になる講演でありました。盛会裏に総会が終了出来ましたのは、校友の皆様方のご協力の賜物と厚くお礼申し上げます。


2)
11月19日(日)、マンドリン俱楽部チャリティー演奏会を、これまた焼津文化会館大ホールで開催されました。一昨年開催する予定でしたがコロナ禍で延期された後の開催でした。地域の皆さんが待ち望んでいた中での開催でありましたので大変好評でありました。校友の皆さんお疲れ様でした。ご協力感謝申し上げます。

 次に、今年の志太榛原地域支部総会では、役員改選の議題があると思います。次回は島田地区の皆様方が担当されることと存じますが、よろしくお願い申し上げます。

 また、今年の県支部総会は、浜松地域支部が主管で開催されます。6月9日(日)第68回静岡県支部総会浜松大会がホテルコンコルド浜松にて開催されます。今回は、懇親会も開催されますので多数の校友の皆様方のご参加を是非ともお願い申し上げます。

 明治大学広報1月号で、柳谷孝理事長と大六野耕作学長の新春対談の掲載がありました。主題は、「次代に輝き続ける明治大学となるために」でありました。

その中で、2024年をさらなる飛躍の年にするためにいろいろな施策に取り組んで行きたいとの話がありました。特に、創立150周年に向けた「MEIJI VISION 150~前へ~」の中の「大学経営における全学ビジョン」の重点目標として「1施設整備計画」「2情報化戦略」「3財政計画」「4寄付金収入」「5付属校政策」「6職員人事政策・事務組織」「7校友との連携強化」を掲げたとのことでありました。詳細につきましては、明治大学広報1月号をご覧下さい。

校友会本部のことにつきましては、昨年はコロナ禍のため中止されて来ました全国大会が開催されました。11月19日(日)第59回全国校友愛知大会が4年ぶりに開催されました。約1,000名近い校友が名古屋に集結して、大盛況であったとのことでした。マンドリン俱楽部演奏会と同じ日でしたので参加できませんでしたのが大変残念でした。

今年は、9月29日(日)第60回全国校友香川大会がサンポートホール高松にて開催されますので是非ともご参加下さいますようお願い申し上げます。

 次に、話題が違いますが、今年4月から放送されますNHK連続テレビ小説「虎に翼」を紹介します。
本学校友・三淵嘉子(みぶち よしこ)さんがモデルの朝ドラです。

三淵嘉子さんは、明治大学専門部女子部を経て、1935年明治大学法学部に入学、1938年明治大学法学部を卒業し、同年高等文官試験司法科試験に合格し、1940年弁護士を開業。明治大学同窓の中田正子、久米愛と共に日本初の女性弁護士となる。当時は、女性は裁判官にはなれなかったために弁護士になったようです。

戦後1949年東京地裁判事補、初の女性裁判官に就任する。1972年新潟家庭裁判所で初の女性家庭裁判所長になる。のちに浦和家裁、横浜家裁の各所長を務めました。

主演は、伊藤沙莉さんです。是非とも見て下さい。
 最後に、今年こそ全く「マスク」を着用しなくてもよい年となり、社会活動並びに日常生活が普通にできるようになることを祈ります。

新春に当たり校友の皆様方のますますのご活躍とご健勝をお祈り申し上げましてご挨拶といたします。本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

 令和6年1月吉日

 明治大学校友会静岡県支部

 前支部長・顧問 栁原 克彦

 

 

…………………………………………………………………………………………………….

 

 

 

★ 校友会地域支部長 就任のご挨拶  

池田義之  2020年度 志太・榛原地域支部定時総会は、折からの新型コロナウィルス感染症の影響から書面決議となりましたが、ご承認をいただき、6代目支部長を引き継ぐこととなりました焼津地区の池田 義之(いけだ よしゆき)でございます。

この4年間 志太榛原地域支部の運営や数多くの事業に取り組まれ、ご尽力を頂いた舘正義前支部長、神戸一朗前幹事長及び小山明一前会計幹事をはじめ役員の皆様方に心より感謝と敬意を申し上げます。

静岡県の中部圏域は、経済的な潜在能力が非常に高い地区と言われており、大井川をはさみ、焼津市、藤枝市、牧之原市、吉田町・川根本町の4市2町で構成されています。まさに、当地域支部の校友が活躍するエリアに合致しています。

1994(平成6)年1月23日志太榛原支部設立から20有余年、多くの先輩諸氏のご尽力により着実に歩みを進めてまいりました。

ここからまた更なる発展に向け、会員同士はもとより全国の校友や現役学生、そして地域社会の方々との一層の交流を深めるため、当ホームページを十分活用し、活発に情報発信に努めて参りたいと考えております。 

これから、藤村幹事長、吉田会計幹事ならびに4地区役員と協力して会の運営に当りますので、地域校友の皆様にはこれからもご協力、ご指導くださいますようよろしくお願い申し上げ、就任のご挨拶といたします。

令和2年6月
志太榛原地域支部 支部長
池田 義之

(* 註(お願い)
このページは表示形式の都合上、はじめに左のメニュー蘭ご挨拶 年頭所感を選択してからご覧ください

** なお、昨年度までの ご挨拶、年頭所感は、メニュー欄の▲過去のご挨拶 をご覧下さい。

..